講師:ウィリアム

『小さい頃からの夢である講師』

tutor_willium

現在、ヤンゴン医科大学の学生しながら、CHARMYAでミャンマー語講師をしている、ウィリアムです。

 

CHARMYAをどこで知りましたか?

知り合いからこの機会を教えてもらい、講師として応募しました。面接やテストでは、2回ほど落ちてしまいましたが、持ち前の粘り強さとハードワークで3回目にして要約合格。今では、2人の日本人にミャンマー語を教えております。

 

授業のモチベーションはどこから来ますか?

現在は、周りからの勧めもあって、医科大に入り、医者を目指していますが、小さい時は教師になることが夢でした。今でも、教えることはすごく好きで、CHARMYAを通して、外国人にミャンマー語、文化を教えること自体が私のモチベーションになっています。

 

CHARMYAを通してした、一番の思い出は何ですか?

現在、2人の日本人にミャンマー語を教えており、時々、英語でのコミュニケーションで行き違いもありますが、学習者が熱心なこともあり、お互いに非常に良い経験をしています。

 

CHARMYAを進める理由は?

CHARMYAのおかげで、私の一つを夢を叶えることが出来ました。私は、CHARMYAに関わる全ての方に私のような体験をして欲しいと思っており、生徒それぞれのビジョンを達成する手助けをしたいと思っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *